大野眞嗣(おおのしんじ) 略歴

大野眞嗣写真

 

 

 

 

 


1965年(昭和40年)東京生まれ。
桐朋学園大学及びモーツァルテウム音楽院(オーストリア)にて学ぶ。
1987年 桐朋学園大学在学中、第33回マリア・カナルス国際音楽コンクール・ピアノ部門にて特別メダル受賞。
以後、スペイン、オーストリア、ドイツを中心に演奏活動をする。
これまでに上杉真弓、佐野川延子、田辺緑、中島和彦、広瀬康、アルフォンス・コンタルスキーの各氏に師事。
ヨーロッパ在住中、ドミトリー・バシキーロフ、タチアナ・ニコラーエワ両氏との出会いからロシアピアニズムに目覚め、現在に至るまで研究を続け、昨今ではモスクワ音楽院教授を始め、多くのロシア人一流アーティスト(パーヴェル・ネルセシアン、アンナ・マリコヴァ、マキシム・モギレフスキー各氏など)と交流を深め、とりわけ、ディーナ・ヨッフェ氏との出会いにより、ロシアピアニズム、中でも「ネイガウス流派」のピアニズムに傾倒する。また、フランス、スペイン、イタリア、アメリカの講習会に、講師として招待される。
2014年 ヤマハ銀座店にて、「美しい音を求めて〜ロシアピアニズムに基づく現代ピアノ奏法」と題してレクチャーを催す。

帰国後、約20年間のロシアピアニズムの奏法の研究、教育活動において、国際、国内コンクールにて多くの受賞者を輩出、また、その中から既にヤマハ・マスタークラス、桐朋学園大学、東京藝術大学、洗足学園音楽大学、常葉短期大学にて教職に就いている。

自身のブログ「大野眞嗣 ロシアピアニズムをつぶやく」は、多くの読者の支持を得ており、日本においてのロシアピアニズムの奏法を広めるべく執筆活動を続けている。

現在、恩師でもあり友人でもあるディーナ・ヨッフェ氏監修の下、「大野ピアノメソッド」代表を務める。


 

 top back next